今日のスポーツ

Pocket

錦織圭「“第二の錦織”を育てたい」10億円で叶える夢計画(芸能) : 女性自身[光文社女性週刊誌]

「すべての試合でベストなプレーをしたい。すべて勝てるチャンスがあると思っています」

錦織圭“世界の壁”痛感で臨んだ「驚異の肉体改造3週間」

(写真・AFLO) 「試合後の錦織選手が楽しみにしているのが、宿泊ホテル内の和食レストランで食べる約3000円の肉稲庭うどん。これを食べると『頑張るぞ!』と気合いが入るそうで、“勝負メシ”になっているようです」

錦織圭にもジョコビッチにもウェア提供…全豪OPにユニクロは嬉しい悲鳴

◆テニス4大大会第1戦 全豪オープン ▽男子シングルス準々決勝 錦織圭―ノバク・ジョコビッチ(26日、メルボルン・パーク・テニスセンター)

武田修宏氏が筧美和子からの色仕掛けをあっさりと拒否 「娘みたいな感じ」

24日放送の「日曜ファミリア・人気芸能人 仰天ハプニング100連発」で、元サッカー日本代表の武田修宏氏が、色仕掛けドッキリに意外な対応を見せた。 番組では、モデルの筧美和子(かけい・みわこ)が、我が家の坪倉由

鈴鹿サーキットがこっそりハロヲタ

三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットの公式ツイッターが、℃-uteやモーニング娘。’16などが所属する女性アイドル集団・ハロー!プロジェクトをひそかに応援していると、ネット上で話題になっている。 【もっと大きな画

日本相撲協会幹部が手のひら返し 10年ぶり日本出身力士優勝の琴奨菊の綱獲りに“注文”

 大相撲初場所(1月10日〜24日=東京・両国国技館)は、大関・琴奨菊(31=佐渡ケ嶽)が14勝1敗で初優勝を飾った。日本出身力士が優勝したのは、06年初場所での栃東(現・玉ノ井親方)以来、10年ぶりというおまけつきだった。  

李大浩 MLB球団との契約がないまま帰国の可能性も

 メジャーリーグ挑戦を目指し、ソフトバンクを自由契約となった李大浩内野手が、今週中に韓国に帰国すると韓国英字新聞「コリア・ヘラルド」(電子版)が報じている。

内田篤人は復帰のメド立たず「日によって痛さとかが違う」

 ケガで離脱中のDF内田が、復帰のメドが立っていない現状を明かした。  昨年6月に右膝膝蓋(しつがい)腱を手術。欠場した24日のホーム・ブレーメン戦後「練習には部分的ですけど合流した」と説明した上で、

ダルビッシュ有が清原和博氏にブログで謝罪…その理由とは?

 ダルビッシュは「清原さんからコメント来てるよって教えてくださった方がいまして、コメント見返していたら、ありました。俺はなんで気づかない!! 清原さん、申し訳ないです」と謝罪。